HMBの副作用

HMBサプリは副作用が危険?

強靭で美しい肉体を目指すトレーニーやアスリート、ボディビルダーたちがこぞって注目するHMBサプリ。
筋トレの効果を底上げしてくれる優れものです。

 

 

しかし、
肉体の美しさは健康と切っても切れない関係にあります。
せっかく筋トレとサプリによって筋肉を鍛え上げようとしても、その副作用などによって体調を崩してしまっては元も子もありませんよね。

 

そこでHMBサプリに危険性や副作用は存在しないのか、といったことについて改めてきちんと検証してみることにしましょう。

 

HMBサプリは安全なのか?

まず、HMBサプリの効果や副作用の有無を確認する前提として、HMBとはどんな成分で、どのように日本へ入ってきたのかを簡単におさらいします。

 

HMBとは、1996年にアメリカのアイオワ州立大学で効能が発見された、必須アミノ酸のロイシンから代謝される成分であり、日本語で「3-ヒドロキシイソ吉草酸」ないし「β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸」といいます。
日本では、2009年の食薬区分の一部改正において「ビス-3-ヒドロキシ-3-メチルブチレートモノハイドレート」の名称で「医薬品ではない」とされました。
こうしてHMBは、健康食品(サプリメント)としての販売が解禁されるに至ったのです。
参考/厚生労働省行政情報、食薬区分の一部改正について

 

つまりHMBサプリは発売開始からの歴史があまり長くなく、その効果や危険性についても完全には解明されていないところがあるといえます。

 

HMBサプリと副作用

HMBサプリの副作用について考える上では、そもそも「副作用」とは何なのか? ということを知っておく必要があります。
副作用というのは、「治療・予防・診断などのために用いた医薬品の本来の効果と異なる作用」であり、「人体に有害な作用であることが多い」とされています。
参考/三省堂 大辞林

 

上で述べたように、HMBは「医薬品ではない」と規定され、健康食品となりました。
そのため、実は言葉の定義上副作用は生じ得ないのです。

 

 

そうは言ってもHMBが化学物質である以上、それを副作用と呼ぶかどうかは別にして、サプリメントの摂取で身体に何らかの害や危険は生じないのか? というのは気になりますよね…。

 

結論から言えば、現時点でHMB自体に副作用類似の危険性は認められていません。
ただ、より安全にHMBサプリを摂取するための注意点はいくつかあります。

 

HMBサプリの安全な飲み方とは?

 

量・頻度

副作用その他の摂取トラブルを避けるためにまず気をつけたいのが、HMBサプリを摂る量や頻度です。
ご存知の通り、HMBサプリには筋肉を肥大させる効果や筋肉が減るのを抑える効果、筋肉の回復効果が認められています。
筋トレの効果を高めてくれるのですね。

 

 

2015年には、厚生労働省も「HMBを毎日3g補給することにより、筋肉量の増加が期待できる」という記述を公表しています。
参考/「日本人の食事摂取基準(2015年版)」策定検討報告書より抜粋

 

だからといって、ひたすらHMBサプリを摂ればいいというわけではありません。
1日につき1.5g〜3gまでが推奨摂取量とされています。
また、HMBサプリを大量に摂り過ぎると、副作用というわけではありませんが、逆に筋肉を肥大させる効果が少なくなるという研究論文すらあるのです。
こうなってはせっかくの筋トレも無駄になってしまいかねません。
参考/「β-hydroxy-β-methylbutyrate ingestion, Part I: effects on strength and fat free mass」

 

筋トレを行うと共に摂ることで、筋肉回復効果からの筋肉肥大効果がより期待できるHMBサプリですが、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」というわけですね。

 

体質・飲み合わせによる副作用は…?

また、HMBサプリ自体に副作用的な危険性が認められなくても、体質によってはトラブルが生じることもあります。
それは、アレルギーの問題です。

 

後述しますが、たとえばHMBサプリによく含まれているフェヌグリーク(コロハ種子抽出物)やトンカットアリ抽出物、バイオペリン(黒胡椒抽出物)などは、アレルギー症状を引き起こす危険性があります。

 

アレルギー体質の方は、HMBだけではなく、サプリメントに含まれる他の成分もしっかり確認しておく必要があるでしょう。

 

さらに、飲み合わせに関しても気をつけなければなりません。
HMBサプリそのものには飲み合わせが問題となるものは確認されていませんが、HMBサプリと共に摂ることで筋トレ効果をUPさせるクレアチンには、飲み合わせるとよくないものがあるからです。
それは、酸性の飲み物やカフェインを多く含む飲み物。

 

 

これらをクレアチンと一緒に摂ると、副作用的な症状として下痢になってしまう危険性があるのですね。

 

たとえばオレンジジュースやグレープフルーツジュース、コーヒーなどは、クレアチンと一緒に飲むことのないよう注意してください。

 

HMBサプリに含まれる他の成分の安全性

他の成分が危険なことも

HMBサプリには、当然ながらHMBだけが含まれているわけではありません。
他にも筋トレの効果をサポートしてくれるような様々な成分が含まれています。
HMBには副作用的な問題は確認されていませんが、この「他の成分」については別です。
アレルギー体質の方などは、以下のような成分がサプリに含まれていないか、十分に気をつけてください。

 

フェヌグリーク

フェヌグリークとはコロハ種子の抽出物で、ダイエット効果や炎症鎮静効果、強壮効果が確認されており、筋トレによる炎症も抑えてくれます。
コロハというのはマメ科の植物。
つまり豆アレルギーの方はフェヌグリークの副作用的にアレルギー症状を引き起こす危険性があるため、サプリメントの摂取には要注意です。

 

トンカットアリ

HMBサプリによく含まれているトンカットアリとは東南アジアのジャングルに自生するニガキ科のハーブで、滋養強壮効果や血流促進効果が確認されています。
トンカットアリも安全性は高い植物ですが、まれに副作用として消化器系に対し不調が生じる危険性もあります。
また、ホルモン分泌促進効果もあるため、妊婦さんなどは控えておいたほうが無難でしょう。

 

バイオペリン

黒胡椒に由来する抽出物、バイオペリンは、正式には成分名ではなく、米国サビンサ社の登録商標であり、特許取得成分です。
サプリメントの摂取で精力増強効果や血行促進効果、疲労回復効果、ダイエット効果などがあります。

 

 

また栄養素の吸収効率を高める効果もあるのですが、これは医薬品と共に摂ることで、副作用として血中成分の濃度を高めてしまうという危険性があります。

 

HMBサプリの副作用について<まとめ>

HMBサプリは筋トレの効果を大幅に高めてくれる、優れたサプリメントです。
またHMBサプリ自体には副作用もなく、安全性は高いものといえます。

 

しかし、サプリに含まれている他の成分に副作用的な問題が認められたり、体質によってはアレルギー症状が出たり、といった危険性が全くないわけではありません。
1日に3gまで、という推奨摂取量もあります。
筋トレとHMBサプリにより美しくしっかりとした肉体を作ってゆくためにも、注意書きなどをよく読み、摂取量を守るように心掛けましょう。

 

 

HMBサプリにも色々な商品があるので、効果の期待できる良質なものを選ぶ見極めも大切です。

 

掲載情報について
当サイトでは正しい商品情報をご提供するようつとめておりますが、製造及び販売メーカーが告知なしに成分を変更することがございます。
したがって実際お届けの商品とサイト上の表記が異なる場合がありますので、ご使用前には必ずお届けの商品ラベルや注意書きをご確認ください。
商品画像はイメージです。実際にお届けする商品とパッケージ等が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。いずれも商品の公式サイトの情報をよくご確認の上、ご購入頂けますようお願い申し上げます。
サプリメントご利用に関する注意事項
ランキング順位は商品の効果・効能に基づいたものではございません。
ご不明な点はご購入の前に必ず販売店・製造メーカーにご相談ください。
ご使用前には「使用上の注意」をよく読み、用法・用量を守って正しくお使いください。
疾病治療中の方、及び妊娠・授乳中の方はお医者様とご相談の上お召し上がりください。
原材料をご確認の上、アレルギーの方はお召し上がりにならないでください。